ノンシリコンシャンプーのウソ・ホント

最近、ドラッグストアや美容院などで人気のノンシリコンシャンプーは、通常のシャンプーよりも価格が高く髪に良いと言われています。

シリコンと聞くと毛穴に詰まり、とても悪そうなイメージですが、シャンプーや化粧品に含まれているのは、シリコンではなくシリコーンオイルと言う成分です。

シリコーンオイルは網の目の形状をした組織で、毛穴に詰まる可能性は低いと考えられています。
毛穴に詰まる可能性の高いのは、濯ぎたりない石鹸カスが原因です。

髪に悪いのは、シリコンよりも洗浄成分

髪に悪いとされるシリコンはコーティング剤で、そのコーティング剤は髪を包んでしまうことから、髪の呼吸が出来なくなってダメージとなり、頭皮トラブルへと発展する可能性があります。

しかし、当然コーテイング剤にも髪の水分バランスを整える成分であったり、髪の潤いを保つ成分などの良い成分が配合されている良い製品もあります。
無添加ノンシリコンと書いてあるシャンプーも多く販売されていますが、無添加であれば、天然成分だけとなりますので必ず腐ります。
果たして本当に無添加であるのかは疑問です。

髪に悪いのは、シリコンよりも洗浄成分と言えます。
通常の市販のシャンプーは洗浄成分にラウリル硫酸やラウレス硫酸を使用していることが多く、それらの成分は、洗浄力や脱脂力が強く髪や頭皮に必要な潤いまで奪い取ってしまう強い洗浄力を持っています。
また、それを隠すために合成ポリマーと言われるコーティング剤を使用していますので、ノンシリコンシャンプーと書いてあっても洗浄成分に界面活性剤が多く含まれていれば安い粗悪品と何ら変わりはありません。

必見サイト情報

アデランスが開発したヘアリプロ薬用スカルプシャンプーは、 自宅で簡単にスカルプケアができる育毛セットで人気です!


COPYRIGHT(C) 美髪を目指すならノンシリコンシャンプーALL RIGHTS.